韓国ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』感想とあらすじ「笑える」

キム秘書はいったいなぜドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

放送日:2018年6月6日〜7月26日(韓国)
脚本:ペクソヌ・チェボリム
キャスト:パクソジュン・パクミニョン・イテファン・カンギヨン・ピョイェジン・チャンソン

あらすじ

イケメン高身長、頭脳明晰のパーフェクトな大企業の副会長・ヨンジュン(パクソジュン)は、超スーパーナルシスト人間。そんなヨンジュンを側で9年間支え続けたのが秘書のミソ(パクミニョン)。

ある日、ミソはヨンジュンに退職することを伝える。なぜ完璧な自分の側を離れるのか分からず動揺するヨンジュンは、色んな手でミソを引き留めようとするが、ミソの意思は変わらない。

そして、ミソの退職を引き止めようと懸命なヨンジュンのアプローチにミソは徐々に惹かれていく。

感想・評価

総合点★★★★☆ストーリー★★★★☆
キャスト★★★★★演技★★★★☆
胸キュン★★★★★笑い★★★★☆
音楽★★★☆☆感動☆☆☆☆☆

■典型的な韓国の恋愛ドラマ

「御曹司×庶民女」の典型的な韓国のラブストーリー。絵に描いたようなシンデレラストーリーでリアリティは全くなない。実際にはないよねーという少し覚めた目で見ていたので、どっぷりハマりはしませんでした。見終わった後にロスに陥ることもなし。リアリティこそないけど、胸キュンあり笑いありで面白かった。

■最後の方はダラダラ

ヨンジュン(パクソジュン)がミソ(パクミニョン)にプロポーズしてからの話が、ダラダラして面白くなかった。そこまで面白かったのに残念。プロポーズして終了でよかったんじゃいかな。てか今時、膝まづいて指輪出してプロポーズって…ベタすぎるなあ。

■胸キュンシーンが恥ずかしい

笑えるシーンが多くて、悲しいシーンが少ないから、明るい気持ちで見れます。胸キュンシーンはとても多いけど、鳥肌が立つような甘々なシーンや小っ恥ずかしいセリフも多く、見てるだけで恥ずかしくなって早送りしたりして見ました。

■パクソジュン×パクミニョンが美しい

パクソジュン×パクミニョンが美男美女で絵面は最高。

パクソジュンは、誰もが認めるイケメンですが、こんなことをいうとファンに怒られるかもしれないけど、髪の毛を下ろした姿がオードリーの春日に見える。ピンクのベスト着れば完璧だった。

パクミニョンは整形を公表している女優で、典型的な韓国の整形顔。基本的にとても美しいのですが、角度によってはバランスが悪くて不自然な顔になるのが気になる

■ポン課長(ファンボラ)の変顔が面白い

面白かったのがポン課長(ファンボラ)です。変顔が超強烈でヤバい。美人なのに、変顔ばっかするからブスに見えてしまう。変顔以外にもセリフも行動もエキセントリックで声を出して笑った。他の登場人物もユーモアに溢れていてキャラ濃くて面白い。

ということで、「キム秘書はいったい、なぜ?」は、色んな意味で笑えるラブコメディ。リアリティは求めず笑えるハッピーな胸キュン恋愛ドラマ好きな人にはピッタリだと思います。

タイトルとURLをコピーしました