映画の感想

韓国映画『殺人者の記憶法』感想とあらすじ「スリル満点!」

2020年11月30日

殺人者の記憶法

概要・キャスト

公開日:2017年9月4日
監督:ウォンシニョン
脚本:ファンジョユン
製作国:韓国
キャスト:ソルギョング・キムナムギル・キムソリョン・オダルス

あらすじ

元獣医のビョンス(ソルギョング)は、アルツハイマーを患いながらも、一人娘のウンヒ(キムソリョン)と2人で静かに暮らしていました。そんなビョンスには元連続殺人犯という裏の顔があったのです。

そしてある日、ビョンスは車で接触事故を起こしてしまいます。ビョンスは接触事故を起こした相手のミン・テジュ(キムナムギル)が自分と同じ殺人者ということを察知します。

そして、ミン・テジュはウンヒに近づき、2人は交際を始めます。ビョンスはウンヒを守ろうとしますが、アルツハイマーにより過去を忘れていくため、何が本当か分からなくなっていきます。

感想

■ スリル満点

アルツハイマーの元連続殺人者が現役の連続殺人者を追うという斬新な設定、。映画「メメント」に似ている感じでした。元連続殺人犯のビョンス(ソルギョング)は過去の記憶を忘れるから、見てるこっちも何が本当のことなのか分からなくなります。誰が悪くて誰が悪くないのか...、ハラハラドキドキするスリル満点でした。

■ ラスト面白い

「本当にテジュは連続殺人犯なのか」「本当はビョンスが全て勘違いしているんじゃないか」など、考えながら見ていたら、あっという間に2時間が経って終わっていました。展開が早いのでずっと飽きない。特にラストは、ビョンスの記憶違いがボロボロと出てきてとても面白かった。

■ ソルギョングの演技

元連続殺人犯でアルツハイマーの役を演じたソルギョングの演技には圧巻。どうやったら、あんな天才的な演技ができるのか。この映画は、韓国人俳優の卓越した演技力が見れる映画でもあります。

というわけで、韓国映画「殺人者の記憶法」は、ハラハラドキドキするスリル満点のサスペンスでした。

-映画の感想
-,