ドラマの感想

韓国ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』感想とあらすじ「う〜ん」

2020年11月30日

トッケビ

概要・キャスト

放送日:2016年12月2日〜2017年1月21日
脚本:キムウンスク
主題歌:CHANYEOL,PUNCH「Stay With Me」
キャスト:コンユ・キムゴウン・イドンウク・ユインナ・ユクソンジェ

あらすじ

高麗時代、王により殺され、不滅の命を与えられ、現代でも生き続けている武臣の英雄だったキムシン(コンユ)。

そんなある日、900年以上生き続けているシンの前に、トッケビの不滅の命を終わらせることができる存在「トッケビの花嫁」が現れたことで運命が変わっていきます。そのトッケビの花嫁は、普通の女子高校生でした。

感想

■ 全くハマらなかった

面白いとの好評だったので、期待して見たけど全くハマらなかった。

いつ面白くなり始めるのかとワクワクしながら見ていたけど、3話になっても7話になっても10話になっても全くハマらず。時代が変わったラスト2話だけは少し面白かったかな。

見る前の期待値が高かったのか、面白いと評判の韓国ドラマにしては微妙だったなという感じです。

■ シン(コンユ)×ウンタク(キムゴウン)

おそらく、ハマらなかった理由はシン(コンユ)×ウンタク(キムゴウン)にあると思う。歳の差恋愛はいいんだけど、2人の見た目がどうしても親子にしか見えなくて感情移入できず...

この見た目問題がなければハマっていたと思う。それが証拠に、9年後が描かれた15話と16話は面白かった。大人っぽくなったウンタクのおかげでしっくりきた。

■ シン(コンユ)×死神(イドンウク)

ハマらなかったけど、シン(コンユ)と死神(イドンウク)の友情は好きだった。2人の掛け合いは笑えるシーンが多くて楽しかった。2人の友情が主に描かれた作品でも面白かったかも。

■ ケベックの景色

カナダのケベックの景色はとても美しかった。全体的に風景が綺麗。会話の雰囲気も王道の韓国ドラマっぽくなくお洒落な感じ、映像として楽しめる部分がありました。

そして、あまりハマらなかったにも関わらず、見終わった後にOSTを何度もリピートして聞いたくらい、音楽が素敵でした。

ということで、韓国ドラマ「トッケビ」は、期待していたけどハマらなかったです。でも音楽とか雰囲気は最高なので、仕事しながらとか家事しながらとか、流し見するには最適かも。

-ドラマの感想
-,