映画レビュー

映画『楽園』感想とあらすじ「綾野剛のオドオドした演技が凄い」

2021年10月19日

楽園

概要・キャスト

公開日:2019年10月18日
監督/脚本:瀬々敬久
主題歌:上白石萌音「一縷」
キャスト:綾野剛・杉咲花・佐藤浩市・村上虹郎・片岡礼子・黒沢あすか・石橋静河・柄本明

あらすじ

12年前に地方都市で小学生の女の子が行方不明となる事件が起きます。結局、女の子は見つからず未解決事件となっています。

行方不明となった女の子と直前まで一緒にいた同級生の紡(杉咲花)は、大人になっても事件の傷が癒えずにいました。

そんな時、また同じ場所で女の子が行方不明となる事件が起きます。12年前の未解決事件を思い出した住民たちは、ベトナム人の母親を持つ豪士(綾野剛)が犯人だと決めつけ、豪士を追い詰めます。

一方、住民の1人である善次郎(佐藤浩市)は、愛犬と一緒にのんびりと暮らしていましたが、あることをきっかけに周辺の住民から孤立し始めます。

感想

※少しネタバレあります。

■ 田舎独特の雰囲気が重苦しい

12年前の少女行方不明事件の犯人を突き止めるストーリーかなと思っていたけど、事件は付属で、田舎特有のムラ社会について描かれた映画でした。最初から最後までジメッとした雰囲気でクスリとも笑うシーンはありません。

田舎の嫌な部分がどっさり。狭くて閉鎖的な田舎町ならではのじっとり感は、見てるだけでも重苦しくて解放されたい気持ちになった。これ見たら最近流行りの田舎暮らしを諦める人がいそう。

証拠もないのに住民にいきなり犯人にされて勝手に家の中に土足で入られて荒らされるってこんな酷いことはない。これなら他人に無関心な都会の人間関係の方が絶対マシ。

楽園と勘違いしている田舎の実態はこんな感じだよというメッセージをタイトルに込めたのでしょうか。

■ 結局、誰が犯人なの?

「で、結局犯人誰なん?」って感じで終わったけど、やっぱり、豪士(綾野剛)なのかな?犯人の考察をすると紡(杉咲花)まで怪しく思えてくる。最後に犯人分かると思ってたからスッキリしない。視聴者任せなラストは残念だった。

■ 綾野剛の演技いいね

キャストは実力派ばかりで文句なし。綾野剛のオドオドした感じの演技すごい。杉咲花も安定の演技力。佐藤浩一は演技も凄いんだけど色気ヤバい。どんな役演じても醸し出されるあの色気は消せない。柄本明の嫌な感じの爺さんは実際にいそうでリアルだった。

というわけで、映画「楽園」は、田舎のムラ社会の嫌な部分が浮き彫りになった映画でした。

-映画レビュー
-