映画『僕の彼女はサイボーグ』感想とあらすじ「まるで綾瀬はるかのPV」

僕の彼女はサイボーグ映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2008年5月31日
監督/脚本:郭在容
主題歌:MISIA「約束の翼」
挿入歌:Hi-Fi CAMP「キズナ」
キャスト:綾瀬はるか・小出恵介・桐谷健太・竹中直人

『僕の彼女はサイボーグ』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

20歳の誕生日を迎えた大学生のジロー(小出恵介)の前にボディスーツを着た可愛いけど奇妙な女(綾瀬はるか)が現れます。謎の行動や変な言動をするけど、ジローは彼女に惹かれていきます。そして、その女は姿を消します。

1年後、21歳の誕生日を迎えたジローの前に再び女が現れます。実はこの女は、未来のジローが自分を救うために作り現代へ送られた人造人間。それから、女とジローは行動を常に共にし、人並み外れた力を持つ女はジローのピンチを何度も救います。

ジローはそんな彼女にどんどん惹かれていきます。そんな中、ジローの人生は未来からの予言通りに進んでいきます。

感想・評価

とにかく綾瀬はるかが可愛い映画。顔の可愛さはもちろん、ボン・キュッ・ボンのスタイルの良さも堪能できる。

デートシーンで綾瀬はるかが試着室で色んな服を着て登場するシーンがあるのですが、そのシーンが最高!コスプレに近い可愛い服着た綾瀬はるかが見れる。映画全体を通して綾瀬はるかのプロモーションビデオと言ってもいいくらい綾瀬はるかの弾ける魅力が満載の映画です。

ストーリーは正直そんなに面白くないけどテンポよく話が進むし、綾瀬はるかが可愛いのでずっと見ていられる。小出恵介の演技力も安定していて、役柄にも合っていた。

ただ、映像を楽しんで見ているとグロいシーンが突然出てきたのにはビックリ。イグアナが鍋になったシーンは鳥肌立ちそうだったのと嘔吐物がリアルなシーンがあって目を瞑った。

ということで、『僕の彼女はサイボーグ』の総合点は、3.5点(5点満点中)です。

僕の彼女はサイボーグ

こんな人におすすめ

・綾瀬はるかの美貌を堪能したい
・非現実的な世界を楽しみたい
・ドラマ「Q10」が好き

綾瀬はるかが好きな方にはぜひ見て欲しい映画です。

『僕の彼女はサイボーグ』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました