映画『万引き家族』感想とあらすじ「疑似家族の感動ストーリー」

万引き家族映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2018年6月8日
監督/脚本:是枝裕和
キャスト:リリーフランキー・樹木希林・安藤サクラ・松岡茉優・城桧吏・佐々木みゆ・緒形直人・森口瑤子

『万引き家族』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

日雇い労働者の柴田治(リリー・フランキー)は、妻・信代(安藤サクラ)と祖母(樹木希林)と信代の妹・亜紀(松岡茉優)と息子の祥太(城桧吏)と暮らしています。治は祥太に万引きを教え、祥太の万引きしたものも家計の足しにしています。

ある日、治と翔太が歩いていると、アパートのバルコニーで震えている幼い女の子・ゆり(佐々木みゆ)を見つけ、放って置けなくなり家に連れて帰ります。

ゆりを両親の元に戻そうとする治と信代でしたが、ゆりの家から怒号が聞こえ、再び家に連れて帰ります。徐々にゆりは6人目の家族として仲良くなっていき、祥太の万引きを手伝うようになります。

そして、ゆりが失踪したことが事件となりテレビで大きく報じられます。治たちは、事件発覚を恐れ、ゆりの髪を切り、ゆりを祥太の妹ということにします。世間ではゆりの安否が心配される中、ゆりは家族の一員として絆を深めていきます。

感想・評価

血の繋がらない他人たちの疑似家族が、家族以上に深い絆で繋がる一家に愛を感じる映画でした。

法律や常識で考えると、この家族のやっていることは犯罪ですが、その犯罪により幸せに暮らすことができている子供たち。

そして法律や常識に則り、その幸せを引き裂く社会。本当の正義とは何なのかを考えさせられました。人を守るためにあるはずの法律が人を不幸にすることだってあると分かる作品です。

樹木希林やリリー・フランキーなど実力派を集めたキャストで、特に安藤サクラには魅了された。演技が自然過ぎて本当の会話を聞いているかのよう。警察で取り調べを受けているときに見せた泣きのシーンも最高でした。

ということで、『万引き家族』の総合点は、5点(5点満点中)です。

万引き家族

こんな人におすすめ

・家族とは何かについて考えたい
・是枝裕和の作品が好き
・実力派役者が揃った映画が見たい

キャストもストーリーも素晴らしい映画です。おすすめなので是非。

『万引き家族』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました