ドラマの感想

ドラマ『恋を何年休んでますか』感想とあらすじ「爽やかな不倫ドラマ」

2020年6月2日

恋を何年休んでますか

概要・キャスト

放送日:2001年10月19日〜12月21日
脚本:吉田紀子
主題歌:小柳ゆき「remain〜心の鍵」
キャスト:小泉今日子・仲村トオル・飯島直子・山口祐一郎・黒木瞳・矢田亜希子・伊藤英明・森尾由美・宮沢和史

あらすじ

専業主婦の有子(小泉今日子)は、2人の可愛い子供に恵まれ、平凡な暮らしをしています。

ですが、有子の夫の良平(仲村トオル)は不倫中。有子は夫の不倫を知らず、さらにその不倫相手は、有子の友達の咲子(黒木瞳)の理沙(矢田亜希子)だったのです。

そんなある日、有子は、学生の頃に付き合っていた彼氏に偶然再会します。有子は、恋に一生懸命だった若い頃の気持ちを思い出し懐かしみます。

感想

■ 爽やかな不倫

不倫ドラマなんだけど、爽やかでロマンチックな恋愛ドラマのようでした。人間関係は複雑だったけどドロドロした感じは一切なかった。

■ 美し過ぎる主婦たち

小泉今日子×黒木瞳×飯島直子が美し過ぎる。小泉今日子なんてこの可愛さで専業主婦役ですねからね。3話で赤いタートルネックのトップスに髪型を三つ編みにしていたけど、めちゃくちゃ可愛かった。こんな母親もしくは妻いたら最高です。

黒木瞳はドラマでは42歳の設定だけど若い。沢村(伊藤英明)が咲子(黒木瞳)惚れてしまうのも違和感なし。あと、飯島直子の色気よ。この3人が一斉に見れるドラマというだけで見る価値ありです。

■ 20代の矢田亜希子の可愛さよ

20代の矢田亜希子がめちゃくちゃ可愛い。1話で見せたタンクトップ姿や5話で着ていた白いタートルネックのトップスなど、衣装も可愛くていいですね。役はちょっとメンヘラ気味でイライラいする場面あったけど、顔が可愛い過ぎるから許す。

■ 自分の旦那と友達の娘が不倫って...

理沙(矢田亜希子)と良平(仲村トオル)の不倫にはドン引き。理沙の母親の咲子(黒木瞳)と良平の妻の有子(小泉今日子)が親友同士って...。爽やかに描いてたけど、実際にあったらこれはかなりエグい。

2人の不倫が有子にバレた時は、有子は理沙を攻めず咲子にも何も言わないで普段と変わらないやり取りしていたけど、普通に考えたら修羅場ですよ。

そして最後には有子が全て許してハッピーエンド。夫が本気で誰かを好きになり、しかもそれが親友の娘って立ち直れないレベルの話。全てを受け入れ許した有子はまるで女神のようです。私だったら気まず過ぎて元の関係には戻れないと思う。

というわけで、ドラマ「恋を何年休んでますか」は、爽やかに描かれた不倫ドラマです。

-ドラマの感想
-