映画の感想

映画『ホテル・ルワンダ』感想とあらすじ「本当にあった残酷な話」

2020年12月20日

ホテルルワンダ

概要・キャスト

公開日:2006年1月14日
監督/脚本:テリー・ジョージ
製作国:南アフリカ共和国・イギリス・イタリア・アメリカ
キャスト:ドンチードル・ソフィーオコネドー・ニックノルティ

あらすじ

ルワンダのホテルの総支配人として働くポール(ドン・チードル)は、街の様子に異変を感じます。街では、対立する民族同士で大規模な抗争が起きていたのです。瞬く間に抗争は広がり、街中で人間同士の殺し合いが始まります。

ポールは、ホテルの総支配人というステータスを利用して、1人でも多くの人間を助けようと命をかけて奮闘します。

感想

■ 実際に起きたルワンダの事件

1994年にルワンダで起きた大虐殺の実話の映画。ツチ族とフツ族が対立し、100日間で100万人近くの民間人が虐殺された大量虐殺事件です。虐殺された人間の正しい数は定かではないらしいけど、ルワンダの人口の10〜20%と言われている。って、人口の10〜20%ってヤバいな。

■ 見た後でトラウマになる

トラウマになるくらい残酷な映画で、これが実際に起きたとは信じたくない。映像だけでもかなりエグい。この映画を見た後、アフリカの民族衣装のような服を見ると怖くなるくらいの衝撃を受けました。

■ ホテルオーナーが1200人を救う

ホテルの総支配人のポール(ドンチードル)も実在する人物で、ポールの行動も実話に基づいたものです。ポールの行動はなかなかできるものではなく、普通なら怖さで尻込みしてしまう。一歩間違えたら自分が殺されるんだから。1200人もの民間人を救ったポールは英雄。

■ 1994年の日本は平和そのもの

事件が起きたのが1994年。別の国ではこんなにも残酷なことが起こっていたとは思えないくらい1994年の日本は平和そのものだった。同じ地球でこんなにも違うものなのか...と、恵まれたところにいるんだということを実感した映画でした。

ということで、映画「ホテル・ルワンダ」は、残酷で恐ろしい2度と起きてほしくない実話を元にした映画でした。

-映画の感想
-,