韓国映画『コンフィデンシャル/共助』感想とあらすじ「アクションが凄い」

コンフィデンシャル映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『コンフィデンシャル/共助』概要・キャスト

公開日:2018年2月9日
監督:キムソンフン
脚本:ユンヒョンホ
製作国:韓国
キャスト:ヒョンビン・ユヘジン・キムジュヒョク・チャンヨンナム・イムユナ
Huluで試聴する Amazonプライムで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

『コンフィデンシャル/共助』のあらすじ

北朝鮮の刑事イム・チョルリョン(ヒョンビン)は、上司チャ・ギソンに裏切られ妻を殺されます。そして、チャ・ギソンは、偽札を作る銅板を持ってソウルへ逃げてしまいます。

銅板を取り戻すべく北朝鮮は、イム・チョルリョンをソウルに派遣させ、韓国と極秘の共助捜査を契約。韓国の警察は、カン・ジンテをイム・チョルリョンの監視役に任命し、北朝鮮の動きを見張ります。

初めはお互いに信用していなかったカン・ジンテとイム・チョルリョンですが、徐々に信頼関係を築き上げていき、チャ・ギソンを追い詰めていきます。

『コンフィデンシャル/共助』の感想・評価

北朝鮮を絡ませた韓国のアクション映画です。とは言っても舞台は韓国なので、北朝鮮がガツガツ入ってくるような感じではないです。

映画の見どころはアクションシーンが多いところ。邦画ではなかなか見ることのできない壮大なアクションが見れます。車が大炎上したり激しい銃撃戦だったり、ハリウッドのようなアクションシーンでした。韓国のアクション映画はクオリティが高い

主人公の北朝鮮の刑事を演じるヒョンビンは、笑顔こそ少ないけど顔面はめちゃくちゃカッコいいし、身体つきもガッチリしていて普通にいたらモテまくるだろう外見。ドラマ「愛の不時着」の役と同じ北朝鮮人の役ですが、全く違った雰囲気で同じ役者に見えず、演技力の高さを感じます。

韓国の刑事の家族の1人に美人でスタイルいいのがいるなと思ったら、少女時代のイム・ユナでした。めちゃくちゃ可愛い。

最初から最後までアクション続きですが、ほのぼのしたシーンや笑いも組み込まれていてバランスがいい。最後はハートフルなハッピーエンドで終わって後味も良し。

北朝鮮人と韓国人の男同士の友情も見どころです。

というわけで、『コンフィデンシャル/共助』の総合点は、4.5点(5点満点)です。

コンフィデンシャル

『コンフィデンシャル/共助』はこんな人におすすめ

・アクション映画が好き
・かっこいいヒョンビンが見たい
・北朝鮮が絡む映画が見たい

韓国の最高のアクション映画。おすすめです。

Huluで試聴する Amazonプライムで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました