映画の感想

韓国映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』感想とあらすじ「感動の実話」

2020年12月23日

タクシー運転手

概要・キャスト

公開日:2018年4月21日
監督:チャンフン
製作国:韓国
キャスト:ソンガンホ・トーマスクレッチマン・ユヘジン・リュジュンヨル

あらすじ

日本在住のドイツ人記者・ピーター(トーマスクレッチマン)は、韓国の光州で、戒厳令解除を求める大規模なデモが起きていると聞きつけ取材をするためにソウルへ飛びます。

ソウルに着いたピーターは、タクシー運転手のマンソプ(ソンガンホ)に光州まで連れていってもらうことになります。

韓国軍の厳重な警備を突破し何とか光州に着いた2人が見た光景は、韓国軍による民間人への暴力や虐殺でした。

ピーターは、光州で起きている現実を世界へ伝えようと取材を続けますが、韓国軍に記者であることがバレてしまい命懸けでの取材が始まります。

感想

■ 残酷な実話

映画のポスターを見る限り、ソン・ガンホが満面の笑みで笑っているから、コメディなのかと思っていたら違って、1980年5月に韓国の光州で起きた残酷な事件の実話でした。

■ ハラハラドキドキする

映画だから脚色されているところはあるにせよ、外国人記者が命懸けで取材したことに間違いはないでしょう。1人のドイツ人記者と韓国のタクシー運転手の勇気ある行動がなければ、真実が隠蔽され続けたであろう事件。結末は真実を記事にすることができたというラストが分かっていながらも、最初から最後までハラハラドキドキでした。

■ 光州のタクシー運転手に感動

ピーター(トーマスクレッチマン)とマンソプ(ソンガンホ)の2人が光州へ戻るとき、光州のタクシー運転手たちが命をかけて韓国軍と戦ったところは大感動。さすがにあのカーチェイスは映画オリジナルだと思うけど、いいシーンでした。

■ 1つ疑問あり

これってどうなんだろう?と疑問なのが、光州の検問でリーダーっぽい軍人が、ソウルのナンバープレートを発見してGOサインを出したけど、誰か分かっていたけど見逃してあげたのかどうなんだろうという点。その後の表情からして見逃してあげたっぽいけど。

記者としての使命と、タクシー運転手としての使命を全うしようとする2人の姿はかっこよく、学ぶべき点だと思った。

というわけで、韓国映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」は、残酷な実話を元にした感動する映画でした。

-映画の感想
-,