映画『君に届け』感想とあらすじ「三浦春馬の爽やかさMAXの映画」

君に届け映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『君に届け』概要・キャスト

公開日:2010年9月25日
原作:椎名軽穂「君に届け」
監督:熊澤尚人
主題歌:flumpool『君に届け』
キャスト:多部未華子・三浦春馬・夏菜・蓮佛美沙子・青山ハル・桐谷美玲・勝村政信・富田靖子・ARATA
 Netflixで試聴する  Huluで試聴する Amazonプライムで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『君に届け』のあらすじ

小学生の頃から見た目が映画の貞子に似ているということで「貞子」とあだ名をつけられ、いつも1人ぼっちな爽子(多部未華子)

爽子は、高校に入学してからもクラスに馴染めずにいましたが、クラスメイトの風早(三浦春馬)やあやね(夏菜)や千鶴(蓮佛美沙子)と仲良くなったことがきっかけで、次第にクラスに馴染んでいきます。

映画『君に届け』の感想・評価

とにかく三浦春馬の爽やかさ満載の映画。画面から石鹸の匂いがしてきそうなくらい爽やかな笑顔が炸裂しています。

ストーリーはよくある青春漫画で予想できる単純な展開。途中で大きな事件が起こるのかなと思って見ていたけど、何も起きず最後はハッピーエンドで終わり。

女同士の友情は、いい歳した大人が見るとクサくて見てられなかった。だけど、三浦春馬と多部未華子の胸キュンシーンが多くて年甲斐もなく終始ドキドキしながら見てしまった。見終わった後には恋愛中のような余韻に浸ることができた。

そしてこの映画は、主題歌がいい!映画の最後に主題歌が流れた時が一番心が盛り上がった。
主題歌は、flumpoolの「君に届け」。アップテンポで映画の内容にマッチしていて、何回もエンディングを見たくなるような素敵な曲。

あと、女子高校生役として桐谷美玲が出演していますが、制服姿の破壊力がヤバイ。可愛すぎる!若い女性なら髪型も最高になるはず。女子高校生姿の可愛い桐谷美玲を見るだけでも価値あり。

というわけで、映画『君に届け』の総合点は、4点(5点満点中)です。

君に届け

映画『君に届け』はこんな人におすすめ

・胸キュンシーンが好き
・恋愛したいなと思っている方
・爽やかな三浦春馬が見たい

原作の漫画「君に届け」も面白そうなので見たみたいですね。

 Netflixで試聴する  Huluで試聴する Amazonプライムで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました