ドラマ『セカンド・チャンス』感想とあらすじ「堂本剛がかっこいい」

セカンドチャンスドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『セカンド・チャンス』概要・キャスト

放送日:1995年4月14日~6月30日
脚本:小松江里子
主題歌:岡本真夜「TOMORROW」
キャスト:田中美佐子・堂本剛・黒田勇樹・塙翔平・赤井英和・宮城秋菜・佐々木すみ江・松村雄基・石井苗子・松田美由紀

ドラマ『セカンド・チャンス』は、動画配信サービスでは視聴ができませんが、DVD化はされています。DVDだと宅配レンタルがおすすめ。初回登録後30日間は無料でお試し可能。

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!

『セカンド・チャンス』のあらすじ

夫を交通事故で亡くした春子(田中美佐子)は、スーパーで働きながら3人の子供を育てています。

夫が亡くなった後も夫が務めていた会社の社宅に住まわせてもらっていたが、ある日退去命令が出ます。

それと同時に、春子はシングルファザーの勤(赤井英和)と出会います。2人はお互いに惹かれ合い同じアパートの隣同士で暮らすことに。

子供達は最初は反発しますが、徐々に打ち解けていきます。

『セカンド・チャンス』の感想と評価

シングルマザーとシングルファザーが恋に落ちる→子供達が猛反対→いろんな事件が起きるの度に絆を深め無事に結婚という物語。

ありがちなドラマですが、なかなか面白いストーリーです。田中美佐子も赤井英和も息ぴったり。

そして、堂本剛が男らしくてカッコいい!義理の妹が惚れてしまう気持ちは分かる。これは誰でも惚れる。中学3年生であの色気と男気がある男の子はまずいない。少なくても私が中学生の頃にはいなかった。いたら絶対に好きになってます。

あと、子供達が、母親を「ママ」とか「お母さん」と呼ばずに下の名前で呼んでいるところが好き。母親というより友達のような感じ。でも、春子みたいな家事苦手タイプが自分の母親だったら嫌かも。

主題歌の岡本真夜の「TOMORROW」が明るくていい感じ。めちゃくちゃいい歌。当時も流行ったし、今では日本を代表するJ-POPとなってますね

ということで、『セカンド・チャンス』の総合点は、4点(5点満点中)です!

セカンドチャンス

『セカンド・チャンス』はんな人におすすめ

・10代のかっこいい堂本剛が見たい
・90年代のドラマが好き
・温かい家族ドラマが好き

軽い気持ちで見れる明るい家族ドラマです。随分前のドラマですが色褪せない作品のひとつです。

ドラマ『セカンド・チャンス』は、動画配信サービスでは視聴ができませんが、DVD化はされています。DVDだと宅配レンタルがおすすめ。初回登録後30日間は無料でお試し可能。

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!
タイトルとURLをコピーしました