ドラマ『未成年』感想とあらすじ「間違いなく90年代を代表する名作」

未成年ドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

放送日:1995年10月13日〜12月22日
脚本:野島伸司
主題歌:カーペンターズ「Top of the World」
キャスト:いしだ壱成・香取慎吾・反町隆史・河合我聞・北原雅樹・桜井幸子・遠野なぎこ・朝岡実嶺・浜崎あゆみ・谷原章介・西岡徳馬

『未成年』を見る方法は、現在、視聴できる動画配信サービスはないため、DVDのみです。DVDだと宅配レンタルがおすすめ。お試し期間は無料でレンタル可能です。
今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

あらすじ

将来の夢もなく、毎日無気力でやる気のない日々を送っている高校3年生の博人(いしだ壱成)

ある日、バイト先のライブ会場で大学2年生の萌香(桜井幸子)と出会います。ヒロは、萌香と出会ってから彼女のことが気になって仕方がない様子。ですが、萌香はコンプレックスを抱いている兄の恋人でした。

同じ頃、博人は知的障害者のデク(香取慎吾)と行動を共にするようになり、中学生の同級生の五郎(反町隆史)と再会します。さらに、有名進学校に通う高校生の勤(河合我聞)とも仲良くなり、博人の親友の順平(北原雅樹)を加えた5人の間に友情が芽生えます。

感想・評価

とりあえず、キャストやばい。

まずは、何と言っても主役のいしだ壱成。昔のいしだ壱成って、それはそれは美少年でアップで見ると人形のような顔立ち。目なんてビー玉が入ってそうなくらい透き通ってるし。声や話し口調も独特でいい!当時の若さであの色気も凄い。

そして、歌手としてブレイクする前の浜崎あゆみも出演しています。メイクが薄い10代のあゆもめちゃくちゃ可愛い。レオタード姿で汗を流しながら踊るあゆは激レア。

90年代ドラマの定番・桜井幸子の影のある役もいい。他にも、香取慎吾や反町隆史など、今でも活躍中の俳優達が名演しています。遠野なぎこも女子高校生役で出演。彼女は過激なシーンが多かったため、精神を病んで3年間仕事を休んだとテレビで言っていました。

いしだ壱成の演じる博人の繊細で危なっかしい性格が演技によく表れていて心に響く。香取慎吾が演じる知的障害者のデクは心が綺麗過ぎて見ていると気持ちが優しくなります。

桜井幸子が演じる萌香のあの儚げな雰囲気は桜井幸子にしか出せない。

この3人のシーンがほのぼのしていて好きでした。ドブ川の中にいるドクを抱きしめるために萌香が躊躇せずドブ川に入り、博人はそれをただ見ることしかできなかったシーンは何度見ても泣けます

デクが銀行強盗事件を起こしてしまってから、物語は一気にシリアスになります。人の死や裏切りなど暗いストーリーに。

ラストは、死んだと思われた五郎が生きていて、5人揃って裁判を受けてる最中にお尻を出してふざけるという心に残る最高のシーンでした。雨降って地固まるというか、あのハッピーな終わり方は◎でした。

というわけで、ドラマ『未成年』の総合点は、5点(5点満点中)です!

未成年

こんな人におすすめ

・美少年いしだ壱成が見たい
・90年代の大ヒットドラマに興味がある
・10代の浜崎あゆみが見たい

コンプライアンス的に現代では絶対に同じようなドラマは見れないでしょう。90年代のおすすめドラマですので是非。

『未成年』を見る方法は、現在、視聴できる動画配信サービスはないため、DVDのみです。DVDだと宅配レンタルがおすすめ。お試し期間は無料でレンタル可能です。
今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」
タイトルとURLをコピーしました