ドラマの感想

ドラマ『未成年』感想とあらすじ「若い頃のいしだ壱成の魅力炸裂」

2020年7月12日

未成年

概要・キャスト

放送日:1995年10月13日〜12月22日
脚本:野島伸司
主題歌:カーペンターズ「Top of the World」
キャスト:いしだ壱成・香取慎吾・反町隆史・河合我聞・北原雅樹・桜井幸子・遠野なぎこ・朝岡実嶺・浜崎あゆみ・谷原章介・西岡徳馬

あらすじ

高校3年生の博人(いしだ壱成)は、将来の夢もなく、毎日無気力でやる気のない日々を送っていました。

博人はある日、バイト先のライブ会場で大学2年生の萌香(桜井幸子)と出会います。ヒロは、萌香と出会ってから彼女のことが気になって仕方がない様子。ですが、萌香はコンプレックスを抱いている兄の恋人でした。

同じ頃、博人は知的障害者のデク(香取慎吾)と行動を共にするようになり、中学生の同級生の五郎(反町隆史)と再会します。さらに、有名進学校に通う高校生の勤(河合我聞)とも仲良くなり、博人の親友の順平(北原雅樹)を加えた5人の間に友情が芽生えます。

感想

■ 今でも色褪せない

今でも全く色褪せないですね。今でも普通に面白い。10代独特の思春期の恋愛や友情、差別する大人への反抗が描かれていて、ドロドロとした人間の感情が生々しい。

ただ、スマホはもちろん携帯電話もない時代で公衆電話使ってて、若い人には意味不明な光景かも。服装も古い。

■ 5人の友情が羨ましい

男5人の友情が光っていて羨ましい。とりあえず、博人(いしだ壱成)とデク(香取慎吾)のコンビがめちゃくちゃ好き。優しくて素直な博人に懐いて付きまとうデクが愛おしい。

そして、五郎(反町隆史)の友情が熱い!自分の彼女を友達に差し出すという女からしたら最低な奴だけど、男との友情には激アツ。順平(北原雅樹)も勤(河合我聞)も途中ナヨナヨしてたけど、最後はみんなでケツ出して笑っててよかった。

■ そんなことになるの?

最後のほう、山奥の廃校みたいなところに立て篭ってたけど、そんな大事になるの?ってなんか冷めてしまった。事態が大事過ぎて、ポカンってなった。立て篭り事件だけリアリティなくて残念。

■ 若い頃のいしだ壱成の魅力ヤバい

このドラマの1番の魅力はやはり、いしだ壱成だと思う。昔のいしだ壱成って、それはそれは美少年でアップで見ると人形のような顔立ち。目なんてビー玉が入ってそうなくらい透き通ってるし。顔の他にも、声、話し方、立ち振る舞いなど、全てに色気があるしカッコいい。この独特な雰囲気を持つ俳優はなかなかいないんじゃないかな。若い頃のいしだ壱成の魅力が知りたい方は、「未成年」「聖者の行進」を見るといいと思います。

■ 桜井幸子の独特な雰囲気が好き

桜井幸子の役で好きなのが、このドラマの萌香。あの儚げな雰囲気は桜井幸子にしか出せないと思う。

いじめられてドブ川の中にいるドク(香取慎吾)を抱きしめるために萌香(桜井幸子)が躊躇せずドブ川に入り抱きしめるシーンは何度見ても泣けます。

■ 今考えると豪華過ぎるキャスト

キャストが今考えると豪華ですね。なんと、歌手として売れる前の浜崎あゆみ出演してますからね!しかも結構ガッツリ出てます。レオタード姿で汗を流しながら踊るあゆは激レアです。他にも、香取慎吾や反町隆史など、今は主役級のキャストがゴロゴロ出てます。

■ カーペンターズの威力

主題歌がカーペンターズで使い方上手い。カーペンターズがいいタイミングで流れるから、何もかもカーペンターズに持っていかれる。カーペンターズすごい。エンディング、スタンドバイミーみたいになってるし。

というわけで、ドラマ「未成年」は、いしだ壱成の魅力が溢れる90年代ドラマです。

-ドラマの感想
-,