ドラマ『35歳の高校生』感想とあらすじ「制服姿の米倉涼子が見れる」

35歳の高校生ドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『35歳の高校生』概要・キャスト

放送日:2013年4月13日〜6月22日
脚本:山浦雅大・高橋悠也
主題歌:EXILE「Flower Song」
キャスト:米倉涼子・溝端淳平・片瀬那奈・菅田将暉・野村周平・新川優愛・広瀬アリス・山﨑賢人
Huluで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

『35歳の高校生』のあらすじ

多くの問題を抱える高校の3年A組に、転入生・馬場亜矢子(米倉凉子)がやってきます。亜矢子は、高校生生活をやり直したいという理由で35歳で高校生となりました。媚びたり群れることをしない亜矢子は、クラスの問題をどんどん解決していき、クラスメイトの心を掴んでいきます。

『35歳の高校生』の感想・評価

正直、ストーリーはリアリティがなく、ツッコミどころが満載で評価は微妙。

1話完結型ですが、水戸黄門スタイルで全て上手く解決するし、制服姿で喫煙&飲酒と何となく違和感を覚えた。逆に、フィクションとしてリアリティは求めずに見ると面白く見れるかなと思う。

豪華過ぎるキャスト

『35歳の高校生』は数年前のドラマですが、放送当時は無名だったのが、現在では超有名になった俳優達が出演しています。その代表格が菅田将暉。クラスのリーダー役で、当時から高い演技力を発揮。他にも、野村周平、山崎賢人、松岡茉優、新川優愛、広瀬アリスなど、かなり豪華なキャストです。今ではこんな豪華なキャスティングは無理ではないでしょうか。

水戸黄門スタイルですっきり

1話完結型のドラマで、1話毎にクラスで問題が起き、それを米倉凉子が演じる35歳の高校生がかっこよく解決していく。1話毎に起承転結があり、展開は上手く出来過ぎだけど、水戸黄門タイルで気分がスッキリします。

米倉涼子の制服姿

35歳の高校生を演じたのは、当時37歳だった米倉凉子。役より2歳ほどオーバーなので、実際には37歳が高校生の制服を着ていることになります。顔はさすがに高校生には見えないけど、いかんせんスタイルが良過ぎるので、ミニスカートもすんなりと似合っていて、制服姿にそんなに違和感がなかった。米倉涼子の高校生の制服姿を見るだけでも価値あり。

リアリティなし

米倉涼子が数々の問題を解決していってスッキリ気持ちいいのですが、実際にはこんな風に上手くいかないよね〜って思ってしまう。大嫌いだった人をいきなり大好きになったりと視聴者置いてきぼりの部分があったのも残念。

無理やりなハッピーエンド

最後はクラスメイト全員と分かち合うという想像通りのハッピーエンドだったけど、かなり無理やりな気がする。犯罪混じりのことをやっておきながら平然と仲良くなるクラスメイトなど無理やり感が否めない。

というわけで、『35歳の高校生』の総合点は、3.5点(5点満点中)です。

35歳の高校生

『35歳の高校生』はこんな人におすすめ

・学園ドラマが好き
・水戸黄門的な悪者退治の物語が好き
・米倉凉子が好き
・現在活躍中の大人気役者が若い頃に集結したドラマが見たい

当時37歳だった米倉涼子の女子高生の制服姿は一見の価値ありですよ。

Huluで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました