【コロナ渦に見る!】ウィルス感染をテーマにした映画特集

ウィルス感染映画特集

コロナ渦を体験したからこそ、リアリティが増すウィルス感染映画。決して他人事とは思えず恐怖が増します。映画ではコロナ騒動を予言していた?!そこで今回は、ウィルス感染をテーマにした映画をピックアップしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【コロナ渦に見る!】ウィルス感染をテーマにした映画特集

ウィルス感染をテーマにした映画はこちらです▼

・感染列島(日本)
・FLU 運命の36時間(韓国)
・コンテイジョン(アメリカ)
・新感染 ファイナル・エクスプレス(韓国)
・アウトブレイク(アメリカ)

また、映画ではありませんが、日本のドラマ「アンナチュラル」の第1話では、新型コロナウィルスについてが描かれています。

感染列島

2009年公開の邦画。新型インフルエンザが世界で猛威を振るい、多くの死者を出します。日本が舞台となっており、2020年の世界の様子を予言しているようで恐ろしいです。出演は、妻夫木聡・檀れい等。

映画『感染列島』感想とあらすじ「コロナを予言したような映画」
映画『感染列島』の感想・あらすじ・評価。2020年のコロナウイルス感染拡大をイメージしたような作品。新型インフルエンザが日本国内で広まり、日本中をパニックに陥れる模様や医療従事者の奮闘が描かれています。出演は、妻夫木聡・檀れい・佐藤浩市ほか。

FLU 運命の36時間

2013年の韓国の感染パニック映画。感染すると、36時間以内に死に至るという恐ろしいウィルスがテーマの物語。致死率100%の恐怖のウィルスが瞬く間に韓国に広まり韓国中を襲います。出演は、チャン・ヒョク他。

韓国映画『FLU 運命の36時間』感想とあらすじ「お見事な映像技術」
韓国映画『FLU 運命の36時間』の感想・あらすじ・評価。韓国の郊外の街・盆唐で、密入国者が謎のウイルスにより死亡。その後瞬く間に人々が命を落としていく事態になり大混乱が起きる。感染パニック映画です。出演は、チャンヒョク・スエほか。

コンテイジョン

2011年のアメリカの感染パニック映画。高い致死率を持つ感染ウィルスが世界中を恐怖に陥れます。パンデミックを防ぐために専門家たちがウィルスとの戦いに挑みます。出演は、マリオン・コティヤール他。

新感染 ファイナル・エクスプレス

2017年の韓国のゾンビ映画。ソウルから釜山行きの高速列車KTXの中で人間がゾンビ化してしまうウィルスが蔓延してしまう物語。ゾンビだらけの車内から逃げる親子の様子が描かれています。出演は、コン・ユ他。

韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』感想とあらすじ「ゾンビがリアル」
韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の感想・あらすじ・評価。ホラー映画なのに感動できる作品。韓国の鉄道KTXで噛まれるとゾンビになるというウィルスが蔓延しゾンビが大量発生し、乗客たちを恐怖に陥れます。出演は、コンユ・キムスアンほか。

アウトブレイク

1995年のアメリカの感染パニック映画。アフリカから持ち込まれた致死率の高い感染ウィルス。感染すると2〜3日で死亡してしまうという恐ろしいウィルスに人類が立ち向かう物語です。

アンナチュラル第1話(ドラマ)

2018年に放送された日本のテレビドラマ。第1話のみ、新型コロナウィルスがテーマになっています。2020年のウィルス流行の様子がそっくりそのまま描かれています。出演は、石原さとみ・市川実日子ほか。

ドラマ『アンナチュラル』感想とあらすじ「コロナ流行を予知?!」
ドラマ『アンナチュラル』の感想・あらすじ・評価。架空の不自然死究明研究所(UDIラボ)を舞台に、不条理な死をなくすために、法医解剖医たちが多くの死と向き合い戦い続ける物語。1話完結型。出演は、石原さとみ・井浦新・市川実日子・窪田正孝ほか。

まとめ

コロナ渦だからこそ、見るとリアリティがあるウィルス感染をテーマにした映画。人ごとではないように感じるため、恐ろしさも倍増します。

タイトルとURLをコピーしました