「名曲過ぎる!」主題歌が懐かしい90年代傑作ドラマ20選

ドラマドラマ特集

ドラマの主題歌ってドラマを盛り上げてくれる重要なポイントですよね。『この曲を聞くとこのドラマを思い出す!』という曲も多いと思います。

そこで今回は、主題歌が素敵な懐かしいドラマをピックアップしてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

主題歌が懐かしい90年代ドラマ20選

バージンロード

婚約者のフリのはずが、本当に恋に落ちていくという和久井映見と反町隆史の恋愛ドラマ(1997年)です。今では結婚式の定番曲となった安室奈美恵の主題歌「CAN YOU CELEBRATE?」が素敵です。ちなみに元AKB48の大島優子が子役で出演しています。レアですね。

魔女の条件

女性教師(松嶋菜々子)と男子高校(滝沢秀明)の禁断の愛のドラマ(1999年)です。主題歌は、今でも歌われ続けている宇多田ヒカルの伝説のラブソング「First Love」です。なんとなく哀しい雰囲気のするドラマですが、出演者の美貌が凄いです。

ドラマ『魔女の条件』感想とあらすじ「女教師と男子生徒の純愛物語」
90年代ドラマ『魔女の条件』の感想・あらすじ・評価。先生と生徒の禁断の愛の逃避行が描かれています。綺麗な顔立ちの10代の滝沢秀明を見るだけでも価値あり。松嶋菜々子も可愛くて美しいです。出演は他にも黒木瞳・別所哲也・西田尚美・山田麻衣子など。

ロングバケーション

最初は反発し合うルームメイ(木村拓哉と山口智子)が徐々に恋に落ちて行くという恋愛ドラマ(1996年)です。伝説中の伝説の恋愛ドラマです。出演者もみんな最高に可愛くカッコいいです。久保田利伸の主題歌「La La La Love Song」が最高です!

ドラマ『ロングバケーション』感想とあらすじ「90年代最高の恋愛ドラマ」
90年代ドラマ『ロングバケーション』の感想・あらすじ・評価。アラサー元モデルとピアニストを目指すピアノ講師のラブストーリー。通称『ロンバケ』と呼ばれる社会現象までになったドラマです。出演は、木村拓哉・山口智子・竹野内豊・松たか子ほか。

101回目のプロポーズ

金八先生のイメージしかない武田鉄矢の恋愛ドラマ(1991年)です。現在は水戸黄門を演じている武田鉄矢を考えると恋愛ものは結構レアですね。突然トラックの前に飛び出し両手を広げて「僕は死にましぇん!」と叫ぶシーンは、今でも語り継がれています。ヒロインは浅野温子です。主題歌はチャゲアスの「SAY YES」でいい味出しています。

ひとつ屋根の下

1993年に放映された言わずと知れた野島伸司の超名作。多くの名シーンと名言を叩き出した伝説のドラマです。主題歌の「サボテンの花」の歌い出しほんの〜小さな〜出来事に〜♪と聞くと、このドラマを思い出さずにはいられません。江口洋介・福山雅治・酒井法子・いしだ壱成・大路恵美・山本耕史などが出演しています。

愛していると言ってくれ

耳が聴こえない画家と女優の卵との純愛ドラマです。女性なら誰しも憧れる恋愛ストーリー。20年以上も前(1995年)のドラマですが、常盤貴子が着ている服が何気に可愛かったりします。主題歌は、ドリカムの「LOVE LOVE LOVE」で、恋愛ソングの定番となりました。本当にめちゃくちゃ良い曲です。

ドラマ『愛していると言ってくれ』感想とあらすじ「超純愛ストーリー」
90年代ドラマ『愛していると言ってくれ』の感想・あらすじ・評価。放送当時の平均視聴率は20%超えの大ヒットドラマです。聴覚障害者と夢を追う劇団員の純愛ストーリーが世の女性たちの心を鷲掴みしました。出演は、豊川悦司・常盤貴子・岡田浩暉ほか。

やまとなでしこ

美人キャビンアテンダントと魚屋さんの恋愛ドラマ(2000年)です。松嶋菜々子は、このドラマの役がハマり役と言われています。主題歌もドラマに合っていたしテンポ良く面白いドラマです。MISIA が歌う主題歌「Everything」が最高過ぎますね。

ドラマ『やまとなでしこ』感想とあらすじ「松嶋菜々子がハマり役」
ドラマ『やまとなでしこ』の感想・あらすじ・評価。最高視聴率34.2%を叩き出したスーパードラマ。美人キャビンアテンダントと貧乏な魚屋さんとの恋愛がテンポ良く描かれています。楽しくて面白いです。出演は、松嶋菜々子・堤真一・矢田亜希子・東幹久ほか。

イタズラなKiss

多田かおるの大人気漫画のドラマ(1996年)です。高校生同士(柏原崇と佐藤藍子)の恋愛ストーリー。SPEEDが全盛期の時代に主題歌を歌っています。「STEADY」今でも色褪せない良い歌です。

味いちもんめ

元SMAPの中居くんの代表的なドラマ(1995年)です。料亭を舞台にしたホームコメディです。大黒摩季が歌う主題歌「ら・ら・ら」が、ほのぼのしていて、ドラマにマッチしていました。

家なき子

安達祐実と言えば、1994年に放映された家なき子です。オーバーオールに釜口財布をぶら下げ、「同情するなら金をくれ!」と叫ぶ姿は今でも印象的です。泣ける場面がたくさんあるのですが、中島みゆきの歌う主題歌「空と君のあいだに」がドラマの内容に合っていて更に泣けてきます。

ドラマ『家なき子』感想とあらすじ「90年代を代表する超名作ドラマ」
ドラマ『家なき子』の感想・あらすじ・評価。脚本は野島伸司。母親は重病で入院中、父親は働かず家庭内暴力を振るうという劣悪な家庭環境で懸命に生きる小学生の物語です。信じられない内容だが面白い。出演は、安達祐実・内藤剛志・田中好子・保坂尚輝ほか。

白線流し

長野県松本市の高校を舞台にした青春ドラマ(1996年)です。高校生が主役のドラマですが、しっとりした感じのドラマです。スピッツの曲は全部素晴らしいですが、このドラマの主題歌のスピッツの「空も飛べるはず」は名曲ですね。長瀬智也・酒井美紀・京野ことみ・柏原崇などが出演しています。

白鳥麗子でございます

主役の松雪泰子が、仁王立ちして、ホーッホッホッホッホッ!と顔に手を当て高笑いする姿を思い出すドラマです。主題歌のZARDの「負けないで」の出だしが聞こえるとワクワクします。1993年に放映されました。相手役の萩原聖人もカッコいいです。

セカンド・チャンス

子連れで再婚した家庭のホームコメディドラマ(1995年)です。主題歌の「TOMORROW」は、大ヒットしました。堂本剛の役柄が男らしくてカッコ良かったなと思います。田中美佐子・堂本剛・黒田勇樹・赤井英和などが出演しています。

ドラマ『セカンド・チャンス』感想とあらすじ「堂本剛がかっこいい」
ドラマ『セカンド・チャンス』の感想・あらすじ・評価。子持ちシングルマザーとシングルファザーが出会い恋に落ち付き合い、お互いの家族と絆を深めていく物語です。高校生役の堂本剛がかっこいい。出演は、田中美佐子・堂本剛・黒田勇樹・赤井英和ほか。

あすなろ白書

なんとあのキムタク様が脇役を演じているというレアなドラマ(1993年)です。女子を後ろから抱きしめる”あすなろ抱き”は、キムタクがこのドラマで流行らせました。藤井フミヤが歌う主題歌「TRUE LOVE」は名曲ですね!キムタクの他に、石田ひかり・筒井道隆・鈴木杏樹などが出演しています。

若者のすべて

タイトル通り、若者の青春を描いた青春ドラマ(1994年)です。ネット上で仲が悪いと囁かれている萩原聖人と木村拓哉のW主演です。ミスチルの主題歌「Tomorrow never knows」がドラマを盛り上げてくれています。

最高の片思い

本木雅弘ことモッくん&深津絵里の恋愛ドラマ(1995年)です。舞台がスキー場ってところがいいです。今見ると豪華な出演者たちですが、ドラマを見ると初々しいです。福山雅治が歌う主題歌「HELLO」が明るくていい感じです。

ピュア

知的障害者の女性(和久井映見)と男性記者(堤真一)との恋愛ドラマ(1996年)です。和久井映見演じる知的障害者の女性が純粋過ぎて、涙なくしては見れないドラマです。ミスチルの主題歌「名もなき詩」は大ヒット曲になりました。

振り返れば奴がいる

病院を舞台にした外科医の物語。織田裕二が嫌な奴を演じている珍しいドラマ(1993年)です。チャゲアスの主題歌「YAH YAH YAH」は、日本の名曲となるくらい大ヒットしました。

東京ラブストーリー

月曜の夜は、街からOLが消えると言わしめたドラマ、東京ラブストーリー。スーパーレジェンドドラマ(1991年)です。小田和正の主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」が流れるとこのドラマを思い出します。着ている服や話し方など、昭和の雰囲気がいっぱいのドラマでもあります。

ドラマ『東京ラブストーリー』(平成版)感想とあらすじ「90年代の名作」
90年代ドラマ『東京ラブストーリー』の感想・あらすじ・評価。90年代を代表する名作中の名作。名作の名に相応しい面白いドラマです。東京を舞台に繰り広げられる恋愛模様が描かれています。出演は、鈴木保奈美・織田裕二・有森也実・江口洋介ほか。

素顔のままで

中森明菜がドラマに出演しているというレアなドラマです。もう30年近く前(1992年)のドラマなので、出演者みんな若いというか別人のようです。米米CLUBが歌う主題歌「君がいるだけで」が素敵過ぎます。

主題歌が懐かしいドラマ:まとめ

どの主題歌も名曲ばかりです。イントロを聞くだけで懐かしくなる曲もありますね!ご紹介したドラマは主題歌も素敵ですが、ドラマ自体も面白いのでぜひ見てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました