織田裕二が出演のおすすめドラマ&映画12選「踊る大捜査線など」

織田裕二俳優

20代から第一線で活躍し続けている織田裕二。1967年生まれなのでもう50代に突入しています。若いですね!20代の頃から全く変わりません。大人のセクシーさが増してさらにカッコよくなっています。今回は、そんな織田裕二が出演しているおすすめのドラマと映画を選びました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

織田裕二が出演のおすすめドラマ&映画12選

東京ラブストーリー(ドラマ)

1991年に放映された名作中の名作!織田裕二の名が日本に知れ渡るきっかけとなった恋愛ドラマです。ヒロインは、鈴木保奈美。天真爛漫な帰国子女と優柔不断なサラリーマンとの恋愛模様が描かれています。

ドラマ『東京ラブストーリー』(平成版)感想とあらすじ「90年代の名作」
90年代ドラマ『東京ラブストーリー』の感想・あらすじ・評価。90年代を代表する名作中の名作。名作の名に相応しい面白いドラマです。東京を舞台に繰り広げられる恋愛模様が描かれています。出演は、鈴木保奈美・織田裕二・有森也実・江口洋介ほか。

振り返れば奴がいる(ドラマ)

織田裕二が悪〜い天才外科医を演じています。2人の正反対のタイプの医師(織田裕二と石黒賢)が衝突する医療ドラマ(1993年)です。チャゲアスが歌う主題歌「YAH YAH YAH」が素敵です。

お金がない!(ドラマ)

多額の借金がある貧乏な青年が超一流外資系保険会社に就職し成り上がっていくというサクセスストーリードラマ(1994年)です。物語は毎回面白くて、主人公(織田裕二)のキャラクターも魅力的です。東幹久が演じる友人役がいい味出しています。

ドラマ『お金がない!』感想とあらすじ「成り上がりサラリーマン物語」
ドラマ『お金がない!』の感想・あらすじ・評価。90年代を代表する大ヒットドラマです。学歴もコネもない男が大企業で大成功を成し遂げるサラリーマンサクセスストーリー。今でも色褪せない面白いドラマ。出演は、織田裕二・財前直見・東幹久・高木沙耶など。

踊る大捜査線(ドラマ)

踊る大捜査線を知らない人っているのでしょうか。90年代の代表的なドラマの一つです。織田裕二=踊る大捜査線のイメージもあるくらいです。1997年に放映された湾岸警察署を舞台にした刑事ドラマです。ドラマが大人気になり、スペシャルドラマや映画化に何度もなっています。

ラストクリスマス(ドラマ)

女性にモテて仕事もできて同僚や部下の信頼も厚い会社員(織田裕二)と元レディースという過去を持つ会社の秘書(矢田亜希子)の恋愛ドラマ(2004年)です。最初は反発し合う2人が徐々に惹かれていく王道の恋愛ストーリーです。

SUITS/スーツ(ドラマ)

2018年に放映された敏腕弁護士(織田裕二)と天才フリーター(中島裕翔)が裁判で勝つためにタッグを組み裁判に挑むドラマです。東京ラブストーリー以来の鈴木保奈美との共演が話題となった作品です。

ホワイトアウト(映画)

2000年8月19日公開。テロリストにダムを占拠され50億円を請求されるが、ダムの作業員(織田裕二)がテロリストと戦うという映画です。舞台は、新潟県にある日本一の貯水量を誇る奥遠和ダムです。ダイハードのような映画ですね。

T.R.Y.(映画)

2003年1月11日公開の中国の上海と日本を舞台にした映画。ずる賢いが騙すのは悪い奴等だけで、弱い人間には優しいという魅力的な天才詐欺師を織田裕二が演じています。

県庁の星(映画)

県庁に努める公務員(織田裕二)の映画です。2006年2月25日公開。ある時、営業中し寸前の民間スーパーに派遣されて働くことになるといところからストーリーは始まります。

アマルフィ 女神の報酬(映画)

イタリアのローマを舞台にした2009年7月18日公開の映画。日本の外務省の外交官として働く主人公(織田裕二)がテロリストと戦います。イタリア郊外の風景がとても綺麗です。

アンダルシア 女神の報復(映画)

映画「アマルフィ女神の報酬」の続編映画(2011年6月25日)です。舞台は、イタリアからスペインに移り、今回も外交官の主人公(織田裕二)がテロリストと戦います。スペインの美しい風景を見るだけでも価値ありです。

外交官 黒田康作(ドラマ)

「アンダルシア 女神の報復」の続編のドラマ(2011年)です。日本の外務省の外交官で働くエリート・黒田康作(織田裕二)が日本人のテロ対策室で働く物語です。ドラマでは、東京とサンフランシスコとメキシコが舞台になっています。

織田裕二が出演のおすすめドラマ&映画:まとめ

織田裕二が出演のドラマや映画をお探しの方のお役に立てれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました