松たか子が出演のドラマ一覧まとめ「HERO・カルテットなど」

松たか子ドラマ女優

20代の頃から活躍し続けている松たか子。

活躍し続けられる理由は、やはり演技力の高さではないでしょうか。松たか子の出演している作品は安心して見ることができます。

数々の作品に出演している松たか子ですが、今回は、松たか子が出演しているドラマをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

松たか子が出演のドラマ一覧まとめ

ロングバケーション(1996年)

木村拓哉&山口智子の90年代を代表する伝説の恋愛ドラマ。松たか子は、キムタクが片思いする女性役。初々しくて可愛いです。

ドラマ『ロングバケーション』感想とあらすじ「90年代最高の恋愛ドラマ」
90年代ドラマ『ロングバケーション』の感想・あらすじ・評価。アラサー元モデルとピアニストを目指すピアノ講師のラブストーリー。通称『ロンバケ』と呼ばれる社会現象までになったドラマです。出演は、木村拓哉・山口智子・竹野内豊・松たか子ほか。

秀吉(1996年)

NHKの大河ドラマ。タイトルの通り、豊臣秀吉が主人公のストーリーです。秀吉役は竹中直人でぴったり。松たか子は、秀吉の側室役です。

こんな私に誰がした(1996年)

お笑い芸人を目指す2人の男性の(筒井道隆と武田真治)物語。松たか子は、その2人の女友達役です。

ひとつ屋根の下2(1997年)

江口洋介の90年代を代表するヒューマンドラマ。今でも色褪せない面白いドラマのひとつです。松たか子は、パート2にのみ居候役で出演しています。

ラブジェネレーション(1997年)

木村拓哉と松たか子のラブストーリー。普通のサラリーマンと普通のOLの物語なので感情移入できるドラマです。キムタクも松たか子も20代なので若いです。

ドラマ『ラブジェネレーション』感想とあらすじ「キムタクの魅力全開」
90年代ドラマ『ラブジェネレーション』の感想・あらすじ・評価。全盛期のキムタクが猛威を振るっていた時代のスーパー人気ドラマです。東京を舞台にサラリーマンとOLの恋愛を描いた物語。出演は、木村拓哉・松たか子・純名里沙・内野聖陽・藤原紀香ほか。

じんべえ(1998年)

あだち充の人気漫画をドラマ化。血の繋がらない父娘(田村正和と松たか子)の物語。母親は既に死別しており2人は2人暮らしです。娘はある日、義理の父親への恋心に気づきます。

お見合い結婚(2000年)

松たか子とユースケサンタマリアの2人が主演のドラマ。気乗りしないお見合いをしたが、意に反して惹かれあっていく2人の物語が描かれています。

HERO(2001年)

言わずと知れた大人気の検事ドラマ。キムタクと松たか子の安定の人気タッグです。型破りの検事が事件を解決していくコメディ感溢れる面白いストーリーです。

いつもふたりで(2003年)

小説家を目指す主人公(松たか子)とその幼馴染(坂口憲二)の恋愛物語。主題歌の光永亮太が歌う「Always」がいい感じです。

役者魂!(2006年)

松たか子が芸能プロダクションのマネージャー役を演じています。共演者は藤田まことというレアな組み合わせ。心温まるヒューマンドラマです。

運命の人(2012年)

山崎豊子の人気小説をドラマ化。40年前に実際に起こった沖縄返還密約事件を描いた作品です。松たか子は、主人公の新聞記者(本木雅弘)の妻役です。

カルテット(2017年)

ある日、偶然であった男女4人(松たか子・満島ひかり・高橋一生・松田龍平)の軽井沢での共同生活を描くラブストーリー&サスペンスドラマです。演技は役者が揃った見応えある作品。

ドラマ『カルテット』感想とあらすじ「演技もいいし話も面白い!」
ドラマ『カルテット』の感想・あらすじ・評価。偶然出会った4人の夢に敗れた演奏家たちの物語で、サスペンス・ヒューマン・ラブの全ての要素が含まれた不思議な魅力のあるとても面白いドラマです。出演は、松たか子・松田龍平・満島ひかり・高橋一生ほか。

ノーサイド・ゲーム(2019年)

池井戸潤の小説をドラマ化。大手自動車メーカーに務めるエリートサラリーマン(大泉洋)を主人公とした企業ドラマです。松たか子は主人公の妻役です。

タイトルとURLをコピーしました