漫画を実写化した90年代ドラマ30選【あの漫画がドラマに!】

ドラマ漫画・アニメ

元々は漫画だったのを実写化したドラマって実は結構あるんですよね。

今回は、そんな実写化された90年代のドラマをご紹介します。ドラマは見たことあるけど漫画は読んだことがない、その逆もあると思いますので、漫画を実写化したドラマ選びの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

漫画を実写化した90年代のドラマ30選

白鳥麗子でございます!

鈴木由美子原作の恋愛漫画(1987年〜1992年・講談社「mimi」で連載)の実写ドラマ。何回も主演女優を変えて実写化されています。その中でも1番おすすめなのが、1993年に放送された松雪泰子と萩原聖人のバージョンです。松雪泰子が主人公の役とマッチしています。原作よりドラマの方が面白いです。主題歌のZARDの「負けないで」は日本を代表する名曲になりました。

東京ラブストーリー

柴門ふみ原作の恋愛漫画(1988年〜1989年・小学館「ビッグコミックスピリッツ」で連載)の実写ドラマ。1991年に放送されて大人気ドラマとなりました。鈴木保奈美の名台詞「かーんち!セックスしよ!」は今でも語り継がれています。漫画より実写の方が面白いですね。90年代を代表する俳優達(織田裕二・江口洋介)が出演しています小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」を聞くとこのドラマを思い出します。

ドラマ『東京ラブストーリー』(平成版)感想とあらすじ「90年代の名作」
90年代ドラマ『東京ラブストーリー』の感想・あらすじ・評価。90年代を代表する名作中の名作。名作の名に相応しい面白いドラマです。東京を舞台に繰り広げられる恋愛模様が描かれています。出演は、鈴木保奈美・織田裕二・有森也実・江口洋介ほか。

東京大学物語

タルるートくんで有名な江川達也原作の青春漫画(1992年から2001年・小学館「ビッグコミックスピリッツ」で連載)の実写ドラマ。1994年に放映されました。漫画では、かなりエッチな作品ですが、夜の8時にそれを放送できるはずもなく無難な内容になっています。このドラマは絶対に漫画の方が面白いですが、稲垣吾郎が主人公の役にぴったりハマっています。

夏子の酒

尾瀬あきら原作の酒蔵を舞台にした漫画(1988年〜1991年・講談社「モーニング」で連載)の実写ドラマ。和久井映見が主演で1994年に放映されました。女性が夢に向かって頑張るというストーリーが面白いです。

お父さんは心配症

岡田あーみん原作のコメディ漫画(1984年〜1988年・集英社「りぼん」で連載)の実写ドラマ。1994年に放映されました。コメディストーリーなので、細かい部分が伝わる漫画の方がどうしても面白いですね。大地康雄・持田真樹・国分太一などが出演しています。

ぽっかぽか

深見じゅん原作のコメディ漫画(1987年〜2015年・集英社「YOU」で連載)の実写ドラマ。七瀬なつみが主演で昼ドラとして、第1から第3シリーズ(1994年・1995年・1996年)まで放映されました。

静かなるドン

新田たつお原作のヤクザ漫画(1988年年〜2013年・実業之日本社「週刊漫画サンデー」で連載)の実写ドラマ。静かなるドンは、25年間・連載1000回という長寿人気漫画です。漫画が大人気で、ドラマの他にも映画化もされています。ドラマは、1994年に放送されました。中山秀征・石田ゆり子・野際陽子などが出演しています。

悪女

深見じゅん原作の恋愛漫画(1988年〜1997年・講談社「BE・LOVE」で連載)の実写ドラマ。全222話もある大作をドラマ化しています。1992年に放映されました。石田ひかり・布施博・渡辺満里奈・永瀬正敏などが出演しています。

南くんの恋人

内田春菊原作の恋愛漫画(1986年〜1987年・青林堂「ガロ」で連載)の実写ドラマ。何度かドラマ化されていますが、1994年に放映された高橋由美子が主人公を演じたドラマ(相手役は武田真治)が1番良かったです。

浮浪雲

ジョージ秋山原作の漫画(1973年から2017年・小学館「ビッグコミックオリジナル」で連載)の実写ドラマ。44年間に及ぶ超長寿漫画です。1990年にビートたけし主演でドラマ化され、1978年にも渡哲也主演でドラマ化されています。

味いちもんめ

あべ善太原作の板前が主人公の漫画(1987年〜1999年・小学館「ビッグコミックスペリオール」で連載)の実写ドラマ。漫画は、原作者が1999年に亡くなったため終了しました。ドラマは1995年に放映。ドラマが人気になり、第2シリーズやスペシャルドラマなども放映されています。元SMAPの中居くんの代表ドラマと言えば、このドラマを思い出します。

金田一少年の事件簿

天樹征丸・金成陽三郎原作のミステリー漫画(1992年〜2001年・講談社「週刊少年マガジン」で連載)の実写ドラマ。漫画が人気過ぎて、ドラマ以外にも、ゲームや旅行会社のツアーにもなっています。漫画同様にドラマも面白いです。1995年に初回シリーズが放映され、2000年以降にも数回ドラマ化されていますが、主人公を堂本剛が演じた初回シリーズがいいですね。

銀狼怪奇ファイル

金成陽三郎原作のミステリー漫画(1991年〜1992年・講談社「マガジンSPECIAL」で連載)の実写ドラマ。ドラマのタイトルと漫画のタイトルは異なり、漫画のタイトルは、『超頭脳シルバーウルフ』です。1996年に放映されたKinkikidsの人気が頂点の頃の堂本光一の主演ドラマです。V6などのジャニーズがたくさん出演しています。

イグアナの娘

萩尾望都原作の漫画(1992年5月号読み切り・小学館「プチフラワー」で掲載)の実写ドラマ。実の娘がイグアナに見えてしまうという変なドラマでしたが、とても面白いドラマです。1996年に放映されました。菅野美穂の代表ドラマと言えば、このドラマですね。エルトンジョンが歌う主題歌もいい味出しています。

90年代ドラマ『イグアナの娘』感想とあらすじ(ネタバレあり)
90年代ドラマ『イグアナの娘』の感想・あらすじ・ネタバレ・評価。娘の顔がイグアナにしか見えない母親から愛されずに育った娘の恋愛・友情・家族をテーマに描かれています。出演は、菅野美穂・岡田義徳・榎本加奈子・川島なお美・草刈正雄・佐藤仁美ほか。

将太の寿司

寺沢大介原作の寿司職人漫画(1992年〜1997年・講談社「週刊少年マガジン」で連載)の実写ドラマ。漫画が大人気で、連載終了後も読み切り作品が掲載されています。ドラマは、全16話にも及ぶ長期作品です。1996年に柏原崇主演で放映されました。

闇のパープル・アイ

篠原千絵原作の変身系少女漫画(1984年〜1986年・小学館「少女コミック」で連載)の実写ドラマ。女子高校生が豹に変身するという変身系漫画なので、やはり漫画の方が面白いです。歌手デビューする前の浜崎あゆみが出演しているレアドラマです。1996年に雛形あきこ主演で放映されました。

はるちゃん

青柳裕介原作の温泉街のコメディ漫画(1980年〜1983年・小学館「ビッグコミックスピリッツ」で連載)の実写ドラマ。昼ドラで放映され人気が爆発し、なんと8年間の間(1996年〜2002年)にパート6まで放映されました。中原果南・音無美紀子・山田辰夫・沢田亜矢子などが出演しています。

イタズラなKiss

多田かおる原作の恋愛漫画(1990年〜1999年・集英社「別冊マーガレット」で連載)の実写ドラマ。漫画では連載中に原作者が亡くなり未完成品となっています。ドラマは1996年に放映されましたが、この他に2013年と2014年にも放映されています。出演者の女性陣(佐藤藍子・小沢真珠・上原さくら)の目がみんな大きいですね。

おいしい関係

槇村さとる原作のレストランを舞台にした恋愛漫画(1993年〜1999年・集英社「ヤングユー」で連載)の実写ドラマ。漫画が連載中にドラマ化しています。日本では1996年に放映され、2007年には台湾でもドラマ化されています。中山美穂・唐沢寿明・飯島直子・草彅剛などが出演しています。

サイコメトラーEIJI

安童夕馬原作のミステリー少年漫画(1996年〜2000年・講談社「週刊少年マガジン」で連載)の実写ドラマ。漫画も面白いが、ドラマも負けずに面白いです。ドラマは1997年に放映され人気が出たため、パート2(1999年)も放映されています。主役は松岡昌宏で、ヒロインは、パート1は大塚寧々、パート2は工藤静香です。

いいひと。

高橋しん原作のヒューマン漫画(1993年〜1998年・小学館「ビッグコミックスピリッツ」で連載)の実写ドラマ。1997年に放映されました。いい人のイメージの強い元SMAPの草彅剛がいいひとを演じています。

砂の城

一条ゆかり原作の恋愛漫画(1977年〜1981年・集英社「りぼん」で連載)の実写ドラマ。1997年に放映されました。漫画の舞台はフランスですが、ドラマでは茨城県が舞台になっています。大場久美子・佐藤アツヒロ・南田洋子・佐藤仁哉などが出演しています。

ガラスの仮面

美内すずえ原作の大人気少女漫画(1976年〜現在・白泉社「花とゆめ」で連載中)の実写ドラマ。漫画は今でも連載中で40年以上も連載が続いている大作です。これだけの大作になるとどうしてもドラマでは伝えきれない部分があります。1997年に安達祐実主演で放映されました。

きらきらひかる

郷田マモラ原作の医学漫画(1995年~2000年・講談社「ミスターマガジン」で連載)の実写ドラマ。1998年に放映されたドラマが面白く、連続ドラマ終了後もスペシャルドラマが2回も放映されました。深津絵里・鈴木京香・松雪泰子・小林聡美などが出演しています。

ショムニ

安田弘之原作のOLコメディ漫画(1995年~1997年・講談社「ミスターマガジン」で連載)の実写ドラマ。ドラマの第1シリーズが大人気で、第4シリーズまで放映されました(1998年〜2013年)。第4シリーズのみ出演者を総入れ替えしています。第3シリーズまでは、江角マキコ・宝生舞・京野ことみ・櫻井淳子・戸田恵子などが出演しています。

GTO

藤沢とおる原作の学校を舞台にした漫画(1997年~2002年・講談社「週刊少年マガジン」で連載)の実写ドラマ。不良だった主人公の描いた漫画「湘南純愛組!」の続編で主人公が先生になっています。漫画とドラマではキャラ設定が微妙に違いますが、漫画もドラマも面白いです。1998年に反町隆史主演で放映されました。ヒロインは、松嶋菜々子です。2人はこのドラマをきっかけに結婚しました。

ドラマ『GTO』感想とあらすじ「反町隆史×松嶋菜々子が共演」
ドラマ『GTO』の感想・あらすじ・評価。原作は藤沢とおるの少年漫画。湘南の元暴走族リーダーが高校教師になり、破天荒だけどパワフルなやり方で生徒の信頼を得ていくストーリーです。90年代を代表する名作。出演は、反町隆史・松嶋菜々子・藤木直人ほか。

ハッピーマニア

安野モヨコ原作の大人の少女漫画(1995年~2001年・祥伝社「FEEL YOUNG」で連載)の実写ドラマ。連載終了前にドラマ化されています。今見ると出演者が豪華です。1998年に稲森いずみ主演で放映されました。

サラリーマン金太郎

本宮ひろ志原作のサラリーマン漫画(1994年~2002年・祥伝社「FEEL YOUNG」で連載)の実写ドラマ。漫画は一旦終了したが、終了してからも何度も特別編が2016年まで連載され続けました。ドラマも面白く、5年間(1999年〜2004年)で第4期まで放映されました。高橋克典・野際陽子・羽田美智子・津川雅彦などが出演しています。

お水の花道

城戸口静原作の高級クラブを舞台にした漫画(~2002年・講談社「Kiss」で連載)の実写ドラマ。「お水の花道 女30歳ガケップチ」(1999年)の2年後に「新・お水の花道」(2001年)が放映されています。財前直見・上川隆也・一色紗英・原沙知絵などが出演しています。

可愛いだけじゃダメかしら?

鈴木由美子原作の少女漫画(講談社「Kiss」で連載)の実写ドラマ。1999年に放映されました。漫画とドラマのタイトルは異なり、漫画のタイトルは、「いけいけ!バカオンナ」です。榎本加奈子が体当たり演技をしており、漫画とは内容が異なりますが、ドラマも面白いです。

漫画を実写化したドラマ:まとめ

漫画の内容を知っているからこそドラマバージョンも楽しめたりしますよね!ここが違うあそこは復元できてるなど、違った見方もできて2倍楽しめます。

タイトルとURLをコピーしました